株式会社空調タイムス社

空調冷熱産業界で実績と信頼に応えるメディアとして未来像を発信します

おかげさまで創刊62周年

2003年5月21日号 NEW環境展(RRC、フロン回収)特集 バックナンバー


 最新号の主な見出し


 NEW環境展特集

 冷媒回収推進・技術センター(RRC)
 ・フロン回収と適正処理を訴求
   地球環境保全の意義と国民理解へ
 ・フロン回収装置14社と再生事業所出展
   RRCが初の共同啓発に
 ・RRC設立10周年
   地球環境への貢献を評価、「再生」補充冷媒確保で社会要請に対応
   フロン回収技術者は5万人超を輩出
 ・「フロン回収」を徹底啓発
   再生・再利用に理解もアピール
   冷媒回収推進・技術センター センター長 畑村 文男 氏
 ・フロン回収の重要性周知を、国民規模で啓発が目的に
   途上国に回収インフラ整備も、先進国の強みは実効半減


 ・15年更新で回収年2・7万トン
   現状破壊能力になお1万トン不足!?
   再生冷媒が”寵児”の時期も

 ・フロンガス
   みだりに放出や無登録回収業者は1年以下の懲役、50万円以下の罰金

 ・中電など3社共同開発
   「ハロン分解処理小型処理システム」
   フロン毎時15kgを分解

 ・フロン破壊施設、地域別一覧表を作成


 ・代替冷媒の供給体制強化
   自動混合設備を本格稼動

 ・千葉工場で破壊処理

 三井・デュポン
  フロロケミカル

 ・134a供給でフル稼働生産
   400番台冷媒も長期視野で

 ・専焼炉で高温高分解率
   今年は1000トン処理を視野に
          三原事業所

 イネオスケミカル

 ・回収率アップへ、容器不足対応でレンタルも
   再充填防止容器の回転好調

 美浜

 ・自然冷媒は倍販標的に
   フロン、自然系含め広角的にニーズへ対応

 ・低温用ドロップイン冷媒
   「アイセオン79」投入へ

 昭和炭酸

 ・回収フロン処理仲介が急増
   全国ネットでフロン処理量増加

 鈴木商館

 ・空調機の技術活かし
   フロン、SF6ガス回収機など

 東芝キヤリア
  エンジニアリング

 ・低沸点冷媒の回収装置も
   超低温装置供給の責務

 三菱重工
  冷熱機材

 ・小型から大型の回収装置一堂に
   ニッチ市場ニーズに注力対応

 ロテックス

 ・フロンリフレッシュ提案
   R134a回収装置の拡販を

 新日本石油

 ・超高圧回収装置などで好調
   回収状況の最適化も伝授

 アサダ

 ・業績好調で私募債発行も
   廃車フロンの”消失へ”警鐘も

 デンゲン

 ・今期100%SPXグループ傘下に
   新ツールの展開も視野に

 ジャテック

 ・フロン再生を推進、装置販売へ
   新世代「スポットクーラー」試作機を出品

 アキツ精機

 ・情報開示の徹底で取引増
   保有容器2700本

 技研サービス

 ・特許庁長官表彰を受賞
   IT戦略で高いレスポンス

 中島自動車電装

 ・簡単操作で需要を獲得
   二種特化へ新製品も投入

 ヤマダ
  コーポレーション

 ・中国向けに輸出が大幅拡大
   日系空調機メーカー主標的に

 扶桑理化製品

 ・独自の回収装置活用
   機動力を相乗させて事業拡大

 タカヤマ設備

 ・回収効率は、無限大にも
   時間半減の高効率回収装置

 リゾーム

 ・フロン回収容器の長寿命へ
   容器再検査洗浄プラント立ち上げへ尽力

 環境さんあ~る

 ・洗浄・再生も視野に
   リサイクル事業者の体制構築へ

 クリエイト

 ・800トン超のフロン破壊
   CFC、HCFCが拮抗

 日曹金属化学

 ・産廃炉で混焼処理
   業務用冷空ルートに特化
   延べ400トン余の実績

 早来工営
  横浜工場

 ・オゾン層保護研修で国際強力も
   途上国に処理研修所構想

 ・全国統一の再生・破壊費用設定
   料金kgあたり破壊が580円、再生が420円
   「破壊」より「再生」がお得

 ・容器返却二週間内 再生冷媒は預り保管も

 環境総研
   グループ

 ・静岡県内で2番目の破壊施設

 ・「過熱蒸気反応法」で分解
   年間140トンの能力生かしコスト削減に注力

 ・浜松西ICの地の利で近県視野

 アトム