株式会社空調タイムス社株式会社空調タイムス社

空調冷熱産業界で実績と信頼に応えるメディアとして未来像を発信します

news

 

展示会イベント情報

2020年3月1日 MACS2020 2020年11/10〜11/12
information
読売新聞グループ本社、読売巨人軍、東京ドームの3社は、東京ドームの新型コロナウイルス対策を先ごろ発表、今期初めて観客を入れて開催した7月28日のプロ野球巨人戦から実施した。対策は換気能力の向上、コンコースでの気流の創出と空気の滞留の解消のほかコンコース拡張、サーモグラフィによる検温、新型コロナアラートの導入など。このうち、換気能力の向上では、もともと東京ドームに備えられている強力な換気システムの特性を活かし、観客が入る1・2階エリア、バルコニー席、グラウンドレベルへの給気量を120万立方メートルから1・5倍の180万立方メートルに高め、観客席付近で1時間に3・7回の換気が行われるようにした。また、コンコースに大型送風機30台を新たに設置、換気を促進することで空気の滞留を解消しながらコンコース内の観客が涼しさを感じる工夫も施している。来季は12億円をかけて大型冷凍機の増設工事を含めた冷房能力の増強を図るという。
株式会社空調タイムス
本社: 〒105−0013 東京都港区浜松町1-23-2 山下ビル7階
TEL:03−3433−6501 / FAX:03−3433−6505

関西支社: 〒530−0015 大阪府大阪市北区中崎西1−4−22 梅田東ビル
TEL:06−6312−6061 / FAX:06−6375−2444
Copyright(c) 株式会社空調タイムス社 All Rights Reserved