株式会社空調タイムス社株式会社空調タイムス社

空調冷熱産業界で実績と信頼に応えるメディアとして未来像を発信します

news

展示会イベント情報

information
17日、国内でも米ファイザー製の新型コロナウイルスワクチンの接種がスタートした。このワクチンの保管用に、マイナス80℃超低温フリーザーを政府から1700台受注しているカノウ冷機(社長=叶伸一氏、本社・神奈川県相模原市南区北里2丁目30-1)では、出荷が急ピッチで進んでいる(写真は8日、同社倉庫で撮影。同社提供)。同社が展開する超低温フリーザーは、15年前に同社がデンマークのエルコールド社に超低温技術を提供し、同社に製造委託しているもの。製品はカノウ冷機が検品してから出荷することで品質を担保している。コロナ禍以前は月間15〜30台程度の出荷だったが、現在はその10倍以上のペースでの出荷が求められている。既存工場の最大出荷台数は200台程度であり、需要に追いつかないため、同社は昨年末、新しく倉庫を借り、出荷・検品体制を増強した。同時に、エルコールド社の生産ラインも増強が図られた。カノウ冷機は今後も滞りなく納入することに全社を挙げて注力していく。
株式会社空調タイムス
本社: 〒105−0013 東京都港区浜松町1-23-2 山下ビル7階
TEL:03−3433−6501 / FAX:03−3433−6505

関西支社: 〒530−0015 大阪府大阪市北区中崎西1−4−22 梅田東ビル
TEL:06−6312−6061 / FAX:06−6375−2444
Copyright(c) 株式会社空調タイムス社 All Rights Reserved