株式会社空調タイムス社

空調冷熱産業界で実績と信頼に応えるメディアとして未来像を発信します

おかげさまで創刊61周年

2002年11月13日号 ヒートポンプ特集/お陰さまで創刊2000号 バックナンバー


 最新号の主な見出し


 ヒートポンプ特集

 ・省エネ、熱リサイクルで環境負荷を低減

 ・普及の裾野広げるHPシステム
   民生用では圧倒的主力に

 わが国が消費するエネルギーは、一次エネルギー(原油)換算で年間7億2300万キロリットル。この大半は熱に転換して放出されていく。環境保全という今日的なテーマからすれば、投入エネルギーの有効利用(省エネ)とともに排出エネルギーの回収利用、熱リサイクルの重要度が高まる。
 一方、熱エネルギー消費の約26%を占めるのが民生部門(日本エネルギー経済研究所)。このうち冷暖房比率は84対16だが、この20年間で暖房エネルギー消費が1.6倍であるのに対して冷房エネルギーは3倍近くになっており、夏季デマンド電力を高める要因になっている。つまり空調(冷暖房)エネルギーの抑制とともにとくに冷房エネルギーの低減化が課題とされる。
 冷熱・空調では一般的な技術として定着しているヒートポンプもエネルギー有効利用の一翼を担う。ヒートポンプシステムの高普及とともに、排熱回収型のシステムは定着し、省エネ・環境負荷の低減に実効を高めている。地下鉄や下水などの都市排熱や未利用エネの活用では熱交換技術、ヒートポンプ技術が幅広く展開されている。


 ・メンテ容易な排熱回収器
   汚れた工場排水でも効率維持

 繊維加工業の
 ニッセンソフテック

 ・熱交換器で豊富な機種
   トータルな省エネプランを提案

 ゼンシン

 ・地中熱利用でCO2削減
   環境負荷の低減へPR

 地熱エンジニアリング

 ・冷凍機排熱利用で床暖房
    10月に特許取得
   食品店舗の環境改善に評価

 新冷工業

 ・エネ有効利用にHP技術
   COP向上に高い潜在能力

 東京電力

 ・シンプルシステムで省エネ
   空冷HP排熱利用システム

 五洋建設

 ・HPチラ-でも高実績
   給湯・加温で省エネ性を発揮

 三菱電機

 ・環境エネルギーの総合利用
   ソルエアヒートポンプシステム

 鹿島

 シリーズ3週目
 「03冷年度に挑む」をテーマに空調機器メーカーの”秘策”を掲載

 第三回
 三菱重工業

 資源活用に社内横断も
 新技術、新分野創出に取り組み

 営業統括部長  岡 博