株式会社空調タイムス社

空調冷熱産業界で実績と信頼に応えるメディアとして未来像を発信します

おかげさまで創刊61周年

2002年5月8日号 静岡地区特集 バックナンバー


 最新号の主な見出し

 
 静岡地区特集

 「空調」上期゛横ばい・微減゛に安堵

 ・恵まれた市場環境、県施設で「分離発注」
 ・旧冷媒機「要請対応」で需要゛前倒し゛の見方も


  年間2万2千台規模の業務用パッケージエアコンと、20万台強のルームエアコン
 需要が見込まれる静岡県市場は、02冷凍年度上期(14年3月期)は前年同期対比
 でパッケージエアコンが台数ベースでほぼ横ばい、ルームエアコンでは約4-5%規
 模でマイナスを記録した。先行きに「静岡空港」の新設や県庁庁舎の移転などの計
 画もあるが、まだ流動的。冷凍機需要においても、焼津(やいづ)に代表される漁港が
 中小含めて数多くあるものの、空調機器と並んでリニューアル需要以外の新設・増設
 計画は表面化していないのが実情。ただハイテク産業が集積する県西部地区での民
 間設備投資にはやや明るさも感じられている。(2面リード部分から
 


  ・特殊空調で業績向上
    GMPやHACCPも
    ゛保証3年゛も高技術力証左

 東海サーモ 
    エンジニアリング

  ・フロン回収機の拡販を
    「オーム電機」が輸入販売

 オーム電機

  ・13年度実質回収量は70トン超に
    家電リサイクル法で市町村分減る
    再生・再利用の必要

  ・オゾンキッズキャンプ2002in富士山
    子供たちに環境保護教える
    星空観察や考察、フロン回収体験も

 静岡フロン回収
        事業協会

  ・回収事業者は約500社
    県内冷設業者が4分の3占める

 静岡県

  ・「菜庫」シリーズ一段と充実
    気化式冷風機に人気集まる

 静岡製機

  ・断熱パネルに特長
    創立35周年の「東西工業」

 東西工業

  ・水槽軸に多面的展開
    特注製品に活路を

 東海機材

 ソリューション営業へ  ~部材商の使命

  ・顧客で競合避け棲み分け
  ・機器・部材調達で共生図る

 本紙分析

  ・需要に活況感が増す
    業績にもプラスα
    特定顧客の受注でも実効

 源冷機部品
   静岡営業部

  ・システム受注を強化
    合せて商社機能の充実へ

  ・展示即売会が好評
   「CHALLENGE is02」を開催

 名光機器
   静岡営業部

  ダクト事業の体質強化を

  ・パソコン講習も活発化
    ビジネスへの活用高まる
  ・県内32社のダクトの受け皿

  ・藤田会長は留任

 静岡県ダクト   
      工業会

  ・フードなど加工品堅調
    メンテナンスで顧客増

 ダイリツ
    静岡営業所

  ・地域密着体制で
    開設15年の節目迎える

 三喜工業
    浜松支店

  ・静岡空港2006年の開港目指す
  
  ・静岡県2010年戦略プラン
    ゛富国有徳゛挑戦の概要

  ・静岡・清水両市が来年合併
    70万人の大都市誕生へ
    新庁舎建設の動きも加速

  ・ワールドカップ開催へ
     会場エコパに熱い戦い

 静岡関連トピックス

  その他の記事(主な見出し)


  今週のニュース(News Flashのページで一部ご覧になれます)


 都下北砂商店街に立地する「八百常」

  ・個人商店冬の時代でも
    「青果を主力に゛質゛のMD」
  ・坪単価3万円超の繁盛店に
    来店客数に強みが


  店舗コンサルタントの足立克次氏が提言
  ・100円アイテム、木炭がお勧め

 
 お店拝見






  マネージメント

  ズームアップ・人点描

  24時間温度バリアフリーの土壌蓄熱式床暖房システム
  「サーマスラブ」の開発会社、サーマエンジニアリング社長


  福田 哲三
 氏    全体輻射で暖房の快適性を創出
                   健常者が忘れていた゛優しさ゛も


  明日を担う

  ストップフロン全国連絡会

  桃井 貴子 事務局長     市民パワーが政治を動かした