株式会社空調タイムス社

空調冷熱産業界で実績と信頼に応えるメディアとして未来像を発信します

おかげさまで創刊64周年

トピック トピック

画像は東京駅前の複合ビル「八重洲口会館」にて冷却水配管(200A)を屋上防水工事時に一部抜管したもの。1965年竣工時から使われている亜鉛メッキ鋼管は、赤錆が発生し易い溶存酸素濃度の高い水に50年以上曝され続けてきた。本系統には2015年から日本システム企画の赤錆防止・配管更生装置「NMRパイプテクター」が取付けられている。抜管時に導入効果を確認すべく切断したところ、赤錆無し、管厚減肉も殆ど無し、内側には指で取れる程柔らかいカルシウムスケール層が形成等を確認できた。切断を手掛けたゼネコン関係者やサブコン出身の同ビル部長氏は、効果の大きさに驚きを示した(資料提供=日本システム企画)。