空調タイムス

  2018年1月2日号 平成30年 新春特大号 ≪第1部 低温・産業冷熱編、第2部 冷媒フロン編、第3部 冷却器・商社編≫
 
 
★平成30年 新春特大号★
≪第1部 低温・産業冷熱編、第2部 冷媒フロン編、第3部 冷却器・商社編≫









第1部 低温・産業冷熱編新春特大号
<低温流通・産業冷熱> 次期「標準」を巡り技術開発が先導■低温流通・産業冷熱■
◆平成30(2018)年新春特別インタビュー「人材の『確保』『育成』『定着』が課題 冷媒見通しの早急な解決求む一般社団法人日本冷凍空調設備工業連合会 会長 鳥波益男
急拡大見込まれる再生医療 2030年に1兆6千億円(国内推計)経産省:「国内外の再生医療の周辺産業の将来市場規模予測」
■「ノンフロン化提案の幅拡大」三菱重工冷熱 取締役 エンジニアリング事業本部長 平野功
■「食品エンジニアリングを主要事業へ」ダイキンアプライドシステムズ 代表取締役社長 武本喜伸
■「フェーズを『成長』から『進化』へ」長谷川鉄工 代表取締役社長 小野良二
■「時代の変化に『変革』で追従」日新興業 代表取締役社長 千種成一郎
■「繁忙期でも新規開拓を」三菱電機冷熱プラント 代表取締役社長 石川 孝治
■「ポストR22対応とインバータ化を」日立アプライアンス 執行役員 空調営本部長 伊知地彰彦
■「顧客視点で総合提案 深化」ダイキン工業 低温事業本部長 古田真
■「CO2冷媒採用機の実績増へ」福島工業 取締役副社長 福島亮
■「新技術と海外進出で一手」橋工業 代表取締役社長 鳴田友和
■「供給体制の強化に努む」日軽パネルシステム 取締役 西原敦
■「不燃パネル及び内作品の供給体制強化」FSP 常務取締役営業本部長 日尾貴幸
■「スクロール圧縮機に優位性」日本エマソン エマソン・クライメイト・テクノロジーズ事業部事業部長 中村茂
■「ソリューション対応で成長を」パナソニック産機システムズ 代表取締役社長 長尾久和
■「開設10周年 新プロジェクト始動も」ビッツァー・ジャパン 代表取締役社長 シュパナン・フェルディナンド
■「『環境への優しさ』『使いやすさ』を訴求」三菱電機冷熱応用システム 代表取締役社長 松木哲三
■「人材の成長促す制度構築に注力」精研 代表取締役社長 上野俊信
◆平成30年の新春を迎え 団体長の所感:「将来へ高みの造成を検討」日本冷凍空調学会 会長 香川澄
◆平成30年の新春を迎え 団体長の所感:「『スーパー認定事業所』運用へ」高圧ガス保安協会 会長 市川祐三
◆平成30年の新春を迎え 団体長の所感:「HACCP講習の充実も」日本冷凍食品協会 会長 伊藤滋
◆平成30年の新春を迎え 団体長の所感:「初心に立ち返る『60周年』」新日本スーパーマーケット協会 会長 横山清
◆平成30年の新春を迎え 団体長の所感:「ニーズに対応した提案を」日本食品機械工業会 会長 林孝司
◆平成30年の新春を迎え 団体長の所感:「厨房プロの育成に注力」日本厨房工業会 会長 谷口一郎
低温流通機器メーカー 地場市場に根付くも全国区断らない″を強みに変えて北冷製作所
旭日双光章受賞で業界へ恩返し 独創的低温技術で特定商圏へも中桜冷熱工業
時代の潮流スピードに常識の一新を アセアン見据えたタイ事業着々と三冷社
『内政』固めて飛躍へ 若手育成へ、積極的に勉強会エムズ・テクニカル・サービス
「命を守る」商品を販売 新規参入から10年 ガス検知器事業が成長篠原電機
冷凍機事業−インバータ冷凍機が高伸 高COPに加え設置自由度が魅力に東芝キヤリア
食品工場向け複合ソリューション強化 低温用エアコン 独自の霜取り技術訴求ダイキン工業
新発想の商品戦略、随所に 業冷庫とショーケース 技術評価高く勢い増す福島工業
R290専用仕様を訴求へ AHTプラグインショーケース インバータ式コンプレッサで差別化レイテック
パネル事業−拡大期迎えた低温市場で 2期連続の記録更新が確実関東工業
国内普及の第一段階へ CO2冷凍機の量産体制構築日本熱源システム
チタンを追求、半世紀の歴史 関連特許94件 一気通貫の対応昭和
フロン排出抑制法 指定製品の目標 PACはGWP750、2023年/ターボ冷凍機GWP100、2025年 安全性評価が完了・冷凍保安則の改正 課題の解決を受けフロン排出抑制法
第2部 冷媒フロン編新春特大号
定期点検期限が目前の空調市場 冷媒管理システム「RaMS」厳格な情報管理も魅力一般財団法人日本冷媒・環境保全機構(JRECO)冷媒管理システム「RaMS」
■「次世代製品の開発にも注力」日本フルオロカーボン協会 会長 上田謙介
■「RaMSに後払い方式追加」一般財団法人日本冷媒・環境保全機構 会長 梅村博之
■「『ソルスティス』次世代冷媒の展開が本格化」ハネウェルジャパン パフォーマンス・マテリアルズ・アンド・テクノロジーズ アドバンスド・マテリアル部門長 瀧瀬勝之
■「フッ酸の輸入体制を構築へ」メキシケムジャパン 代表取締役社長 駒井亨
■「アジア圏で安定供給拡充」ダイキン工業 化学事業部長 三浦克哉
■「『オプテオン』本格展開へ」三井・デュポンフロロケミカル ケミカルズ事業部門担当兼環境冷媒営業部長 執行役員 上田謙介
■「『1224yd』花開く年に」AGC旭硝子 機能化学品事業本部 フロロケミカルズ事業部 ガス部長 井上次郎
■「R410Aの再生処理に注力」クリエイト 専務取締役 吉田徳司  (吉=正しくは土に口)
拠点展開計画通りに進展 自社分析・再生の精度向上へ中京フロン
日量1トンの高速・大容量なフロン回収が魅力 年間50トン超の回収量で安定 中部以外の日設連会員からの依頼も増加東海フロン
R410Aの再生処理事業でも認可 フロン再生の対応幅が一層広く 49条認定をフル活用し 事業規模も一段と拡大クリエイト
主力のフロン事業は上期2ケタ増収 再生ガス販売は営業強化へ環境総研
今年もユーザーの利便性向上″を第一に多彩なサービスを提供ワコー産業
設立10年、高まる信頼 実績大切に、より高み目指すハイブリテック
冷媒販売「AHC」銘柄に移行 R32のNRC容器販売を加速アオホンケミカルジャパン
3年連続の年間フロン回収量100トン超がほぼ確実にドクターホームズ
20年以上にわたり連携 フロン回収・臭化リチウム回収でハチオウ/サンズ・テクノ
フロン再生、410Aが大幅増 フル稼働続く再生装置 事業続伸クリーンセンター
冷媒フロン再生、着実に広がる 処理事業、一貫対応可能に三宅産業
ユーザー目線に立ったツール開発″が今年さらに進化へ アサダ
冷媒回収・再生・充填装置「カーエアコンサービスステーション」 真価認められた1年 コンタミ防止の設計思想プロステップ
激戦区″中国市場深耕へ 空調工具技能研修で差別化イチネンTASCO
フロン処理事業で着実な歩み 営業拠点の新設加速 拠点網、全国規模へFUSO
米社製カーエアコン冷媒ガス分析器 新モデル、1月に販売開始 リークソリューション幅広くリークラボ・ジャパン
5月めどに本社移転を具体化 フロン処理工場も併設 新たなステージへ北陸エアコン
2018年は2ケタ伸長見込む 空調向け、堅調な推移スウェップジャパン
第3部 冷却器・商社編新春特大号
捨てない農業 育てる市場″新しい農業の未来へ トンネルフリーザーが生む〜ホウレン草のバラ凍結〜ミチナル
食の安心・安全司る重要使命の専門団体 設立半世紀へ向けより開かれた工業会″を目指す日本冷却器工業会 会長 井上晶博
工業会概況−第45期定時総会 世代交代を推進 執行部を一新 会友制度の設置で技術・知見の伝承を日本冷却器工業会 定時総会
若手技術者体制から2年 次なるテーマ「中級編」へ日本冷却器工業会 技術委員会
幕張開催HVAC&R展へ出展 冷却器の構造説明とネットワークをPR日本冷却器工業会 HVAC&RJAPAN 2018 出展
今期、2機種の新製品を投入 内外共に改善が奏功し成果タカギ冷機
1月末新工場本格稼働へ 対候テスト装置用空調機が順調に推移櫻調温工業
C棟・事務所棟が堂々完工 生産効率の向上に期待原製作所
リーフレットで注意喚起 ユニットクーラー/プレートフィンコイルの安全使用を日本冷却器工業会
創業50周年の幕開けへ 建設投資でパネル需要沸騰かソーゴ
例年通りにピークへ突入 代理店専用モデルの生産開始もマキシス工業
生産管理システムを一新  ユニットクーラ変種変量での納期確保タイセイ
下期より堅調なる受注状況 九州圏内の食品加工工場中心に西日本機材
先端医療分野でも技術提供 スーパーCPの冷却へも山昇冷機製作所
二次加工ユニット製作で企業力アピール 上海サンライズが高伸長へサンライズ工業
堅調に半導体関連需要続き 第2工場へ差込機を増設共栄冷機
井水式UCで前期25%増 新棟・組立ライン、工場拡張が実現ジャパンクリーンプラント
世代交代で新社長スタートの1年 ISOに基づく生産管理体制アビックス
銅管問題は深刻−日本のモノづくりに赤信号 工業会での会員間相互協力も大倉アクト
高効率生産と配送体制充実へ 生産管理システムと人材の活用を軸に泉電熱
低温系設備、底堅い投資動向 電熱ソリューションで応える進興電気工業
伸銅品卸販売、再度巻き直す 素材産業ビジネスへの回帰色強めユニ金属
圧力、温度の工業会ネットワーク 温浴施設市場も顕著に田中製作所
自然冷媒への流れに大型弁類が好調推移 新型エアードライポンプに注目もモリカワ
17年下期 113%伸長で着地 人気ドラマにAEROのロゴ日商エアロ
地元の縁″に感謝し皆様が稼げるお手伝い″注力太陽産業 代表取締役社長 菅川敏和
エリア展開で更なる成長へ 冷設業者の橋渡し″を担う東和産業
今春、JA関連でCO2も検討 銅管対応へは静観の構え源冷機部品
取引先若手技術者向け講座を開設 半導体関連の需要が牽引三森商事
国内低温市場でのノンフロン化ニーズ追い風に部品販売が好調エム・エー・ジェー