空調タイムス

  2016年11月30日 業務用パッケージエアコン(PAC) 特集
 
 
★業務用パッケージエアコン(PAC)特集★PACの今年度市況と2017年度展望を架台、防雪フード、化粧カバー等の部材や潜顕分離空調支える調湿製品の最新情報と共に。
上期出荷は3.8%増の42万台―通期は2年ぶり80万台を射程圏に国内PAC出荷
「地域最適化」でPAC拡販、商品力・営業力強みに気流技術を訴求ダイキン工業
付加価値提案が伸長を牽引―寒冷地対応や更新需要で強み発揮三菱電機
新体制1年目も着実に販売伸ばしシェアさらに伸長日立アプライアンス
日立アプライアンスと連携緊密にしBP訪問も開始日立ジョンソンコントロールズ空調
新製品効果で販売堅調―新法対応を切り口に来年度に更新取込み拡大図る東芝キヤリア
認知度・実績伴い新規開拓も、自社開発「スムーズドレンホース」前面にゼンシン
架台・防振・防雪・防音をワンストップで提供ネミー
PAC振れ止め市場に一大旋風―新型「ガッチリロック」が躍進中ネグロス電工
封水式で能力持続の「縦配管『ドレントラップ』」橋本産業