空調タイムス

  2013年10月30日号
 
 
☆PAC特集☆
業務用空調機器として最大出荷ボリュームを持つパッケージエアコン。出荷拡大が続く中で上期が終了。着地結果と下期以降の展望を大手各社に聞いた。
酷暑も背景に上期出荷40万台超―通期着地は80万台の可能性今年度のPAC市場
業界初、業務用の冷媒にもR32  ダイキン工業
最上位機種「ZR」基軸に高付加価値製品へシフト進む  三菱電機
記録更新の前年を上回るペース―10月分受注がマルチ含め高水準  日立アプライアンス
13年度下期は引き合い数が高水準  東芝キヤリア
PACチーム新発足―商流との連携強化し拡販へ  パナソニック・エコソリューションズ社
ドレンホースの新製品発売  ゼンシン