空調タイムス

  2013年6月5日号
 
 
★食品工業技術特集★
国際食品工業展「FOOMA JAPAN 2013」(6月11−14日開催)では、生鮮食品の鮮度保持や長期保存に役立つ冷凍・冷蔵技術、食品調理時のおいしさを支える加熱技術、品質担保や作業環境向上に寄与する調温・調湿・空気清浄技術などを核とした空調・冷熱設備の多彩な提案も見どころの1つ。本号では空調・冷熱の視点から関連各社の最新動向を発信する。
食品工場向けに総合エンジ展開
グループ力を結集、高鮮度解凍庫技術など
福島工業
トンネルフリーザーで超鮮度を
独自の急速凍結・冷却技術基点にエンジ力も披露
橋工業
冷水と温水、同時供給を実現
ファーストチラーキング「DCU」主力に展開
第一工業
FOOMAで測定データに基づく空間汚染対策を共同提案中央設備エンジニアリング
ピーズガード
日本無機