空調タイムス

  2012年10月24日号
 
 
★パッケージエアコン特集★
一般空調の主力を担う業務用パッケージエアコン市場では、リーマン・ショックの影響で減少した10万台の需要を1年で回復し、昨年、今年も高水準を維持。電力不安や電気代値上げを背景に高効率機種への買い替えが主因だが、一方では需要の先喰い懸念も広がる
節電目的のビルマル更新増加などで、今年度は80万台規模かPAC国内出荷
EMS用の新コントローラを投入ダイキン工業
節電需要を背景に高効率製品群の支持拡大日立アプライアンス
パートナとの協業強化を−特長・強み活かし事業拡大東芝キヤリア
トップクラスのAPF実現した「スリムZRシリーズ」を展開三菱電機