空調タイムス

  2011年5月18日号
 
 
★空調・冷熱 節電技術特集 =夏編=★


電力需給が逼迫するとされる今夏の首都圏。
空調・冷熱業界ではシステム・機器の更新や、部品交換など
多種多様な“節電提案”が活発に行われている。



累計1千台突破のHEMシリーズ、入替え促進で大幅節電を神戸製鋼所
ユニバーサルスマートX筆頭に産業冷熱での更新にも注力東芝キヤリア
節電コントロールセンターを開設ダイキン工業
PACでは『省エネの達人プレミアム』による更新を 日立アプライアンス
節電ニーズ見越し、AHUの省電力化、除湿活用を積極提案新晃工業
最新への更新から部品改修までAHUの節電対策に注力東洋製作所
東京事務所で節電空調を実験、データ解析し近く発表へ木村工機
P/M一体型洗浄フィルタ導入でAHU定速機を約2割省エネ ユニパック
食品工場・低温倉庫で蓄熱需要が増加傾向ヤマト
電力負荷平準化へ、レブロード氷蓄熱の展開強化日本スピンドル製造
夏季節電対策で問合せ急増の間接散水冷却「エコクーリングエース」不二工機
VOCと経費を同時削減する新メニュー「VOC削減サービス」モリカワ 
デシカント空調機と産業用排熱回収顕熱交換器などをPR西部技研 
低温施設の節電、ハード、ソフト両面から提案前川製作所
「震災」「停電」教訓に、太陽光発電と蓄電池の新システムを研究ネミー
Vベルト超える平ベルト駆動「HFDシステム」を開発 バンドー化学